お知らせお知らせ

NEWSNEWSお知らせ

新エネルギー向けパワコン市場、14年度は19.5%増

トピックス
2015年4月17日

矢野経済研究所は、 2014年度(2014年4月~2015年3月)の国内の新エネルギー用パワーコンディショナー(PCS)市場が、2013年度に比べ19.5%増の2297億円となる見込みと発表した。

太陽光発電、風力発電、燃料電池、蓄電池向けのPCSを対象とし、メーカーの出荷金額ベースで算出した。
2013年度(2013年4月~2014年3月)は、前年度(2012年度)に比べ81.9%増の1922億円だった。2014年度は、2013年度に比べて、成長率は落ちたものの、拡大傾向は継続した。 メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けや、50kW未満の低圧連系向けが市場の拡大を牽引した。住宅用も安定的に成長している。

2014年度は、単価が高い500kW以上の機種が増加したことで、台数の伸び以上の拡大となった。2015年1月時点で、設備認定済みの太陽光発電システムのうち、10kW未満は88.7%が稼働済みとなっている一方、10kW~1MW未満は28.9%にとどまり、約4分の1強しか稼動していない。1MW以上は10.2%とさらに低く、PCSの受注残が多くなっている。

FRESH UP 株式会社FRESH UP 株式会社

東京都新宿区西新宿6丁目24番1号 西新宿三井ビルディング 25階 
TEL:0120-793-393(平日 9:30~18:00)

pagetoppagetop

Copyright Ⓒ FRESH UP 株式会社 All Rights Reserved