お知らせお知らせ

NEWSNEWSお知らせ

エネ調達資金を市町村単位で分析 環境省、再生エネ導入後押し

トピックス
2015年4月17日

環境省は3日、地域におけるモノやお金の流れを分析する新しい手法を活用し、エネルギーの調達にかかっている資金を市町村単位で算出すると発表した。今夏をめどにデータベースを完成させ、全国約1800の市町村に結果を伝える。調達コストが多くかかっている自治体に実態を知ってもらい、コスト抑制に効果的と考えられる再生可能エネルギーの導入促進につなげるのが狙いだ。

これまで各自治体でエネルギーの調達に焦点を当てた資金の流れを示すデータはほとんどない。今回は地域経済の強みや課題を発見する「地域経済循環分析」と呼ぶ手法を活用し、同省のこれまでの温暖化ガスの排出量データなどを加味して開発した。

この手法を使い熊本県水俣市で分析すると、同市の経済規模は1088億円。そのうちの約8%の約86億円が電気やガスの料金などとして市外へ流出していた。地元での生産・消費につながりやすい太陽光発電やバイオマス発電などの再生可能エネルギーの導入を促進して、環境重視政策を図りながら地域再生につなげるという。

FRESH UP 株式会社FRESH UP 株式会社

東京都新宿区西新宿6丁目24番1号 西新宿三井ビルディング 25階 
TEL:0120-793-393(平日 9:30~18:00)

pagetoppagetop

Copyright Ⓒ FRESH UP 株式会社 All Rights Reserved